topimage

2017-10

森友問題と豊洲問題① - 2017.04.01 Sat

今、東京と大阪という二大都市を舞台として
豊洲問題と森友問題が盛んに取り上げられていますが、
正直どうでもいい問題だとウンザリされている方も多いだろうし、
マスコミに煽られてなんだかモヤモヤとされている人もまだ多いかもしれません。
ここで少し整理したいと思います。

森友問題に関しては以前も記事にしましたが、
渦中の籠池理事長の証人喚問が行われたことによって
ある程度ハッキリしてきたこともあります。

籠池氏は自身の不注意は認めながらも
小学校を認可した大阪府に責任を転嫁しようという動きが目立ちました。
籠池氏の主張は今まで協力してくれた人物に裏切られたという恨み節で、
小学校設立に協力した政治家として畠成章前大阪府議会議員を挙げ、
畠議員と松井一郎大阪府知事の父が親しかったという事で
「畠成章先生を通して松井一郎大阪府知事に陳情した」と発言し、
会ったこともない松井一郎府知事に梯子を外されたと表現しました。
もちろん松井知事は畠氏から学校認可をお願いされたことはないとし、
籠池氏の意見と真っ向から対立しています。
しかし、肝心の畠議員は既に故人であり、死人に口なし状態です。
また、畠議員が亡くなられてから小学校認可までには時間があり、
この間に口利きをした政治家はいないという事です。

「安部総理からの100万円の寄付」という発言も
野党による追求のネタになっていますが、
密室で籠池理事長と昭恵夫人二人の間で行われたという
信ぴょう性の乏しい話です。
これも昭恵夫人、秘書が否定しています。
つまり、籠池氏の主張を客観的に裏付ける証拠は全くないわけです。
そして、自分に都合の悪い証言を求められると
「刑事訴追の恐れがある」として何も語りませんでした。

また教員免許を持っていないにも関わらず34年の経験という経歴詐称
昭和天皇ご来園などの虚偽の内容のHP記載など新事実が明らかになり、
こうした事からも籠池理事長の発言が信用に足りうるか非常に怪しいです。
籠池氏の発言が事実だとしても
内密にという事で100万円の寄付を貰っておいて
自分の保身のために簡単に名前を挙げたり、
教育者として、人間としてどうなのかと思います。

証人喚問で分かったのは森友学園に詐欺の傾向があり、
国有地の売却に関わる政治家の口利きは存在せず、
安部総理や与党にかけられた一連の疑惑については、
なんら違法性はなかったという事です。
その上、野党が口止めの証拠と言っていた
籠池夫人と昭恵夫人のメールのやり取りが公開され、
昭恵夫人からの口止めと取れる文面がないどころか、
籠池夫人の一方的な言動が際立ち、
また辻元清美の名前が出たことによって
民進党のやらせ疑惑が出る大ブーメラン・・・

結局、安倍総理の指示によって右翼の学校が作られるという
左翼の妄想が一人歩きしたのが問題の根幹であり、
そして、その妄想を現実にするために工作が行われていたという事です。

野党は謎が深まったとして
昭恵夫人の証人喚問を要求する構えですが、
100万円の寄付を裏付ける客観的証拠がない状況で、
この事実を否定している昭恵夫人を喚問する事に意義を見い出せません。
事実があるといっている方(籠池氏)が証拠を出すのが筋であり、
事実がないと言っている昭恵夫人に証拠を要求するのは、
まさに悪魔の証明です。
また、仮に安部総理からの寄付があってもそれ自体に問題はないので、
これを論点とすること事態が異常なわけですが、
こうした事から滲み出るように
法律に触れそうな土地売買の問題は単なるきっかけに過ぎず
最初から政局、イデオロギーの問題だったわけです。

安部総理を支持するかしないか?
教育勅語をどう評価するか?
日本会議をどう考えるか?


当初から野党は昭恵夫人が証人喚問される事態を望んでいました。
首相夫人が証人喚問される様子がテレビで流れれば、
そのマイナスイメージは絶大で、
安部総理を揺るがす大きな武器になります。
野党やマスコミの本音は違法性は二の次で、
教育勅語の復活を掲げる右翼小学校に共鳴する
安部総理はどうあってもけしからんという簡単な話です。
なのでマスコミも盛んに塚本幼稚園の異常性を報道していた訳です。

いずれにしても何の罪も犯していない私人が証人喚問を受けるのは問題があるし、
私人の昭恵夫人を呼ぶなら
まず公人である辻元議員を呼ばなければ主張の整合性が取れないでしょう。



そもそも証人喚問の前に何故、
自称愛国者の籠池理事長は野党4党の議員だけを自宅に招いたのか?
籠池理事長と野党議員が肩を並べる場面に多くの人が違和感を感じたはず。
証人喚問でも追い詰めるはずの野党は
逆に籠池氏を助ける場面が多かったように思います。
そこが全てという感じがします。

一節には大阪府の監査を恐れる籠池理事長が野党と共謀して
参考人招致で嘘を並べ立てて時間稼ぎをし、
「共謀罪」成立を目指す与党を妨害、安部総理を辞任に追い込む魂胆だったらしいですが、
それを察知した自民党が虚偽罪が適応される証人喚問に変更したといいます。

まぁ、結果次第というところではありますが、
籠池理事長は身を呈して反日野党を道ずれにした
真の愛国者であるという珍説を唱えてみますw
ただ、ここまで政局を揺るがしておいて籠池氏だけを生贄にして
政治家は誰も責任を取らないという結末だけは許されてはならないと思います。

もちろん昭恵夫人を追い回す一方で、
辻元議員の名前をひたすら隠すマスコミも野党と同罪です。
教育の政治的中立を疑問視する前に
我が身を疑うべきではないでしょうか?椿事件を忘れてはいけません。

↓クリックして応援お願いします!



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

森友問題と豊洲問題② «  | BLOG TOP |  » 森友学園問題と教育勅語。

プロフィール

マンマルX

Author:マンマルX
「ゆとり世代の憂国保守!!」
歴史研究、オカルト研究が趣味。

リンクはフリーです。
一報くださるとありがたいです!

※全てのページに掲載された
バナー以外のイラスト等を
無断で転載、引用、複製するのは
ご遠慮ください。

↓クリックして応援お願いします!

カテゴリ

自分史 (1)
政治思想 (6)
歴史研究 (27)
日本近代史 (20)
日本古代史 (7)
戦争史・兵器 (14)
国内ニュース (29)
国際情勢 (76)
極東アジア (25)
アメリカ (9)
ロシア (9)
欧州 (7)
イスラム圏 (10)
宗教・オカルト (16)
ユダヤ (3)
菊タブー (6)
日本人と仏教 (7)
報告 (3)
未分類 (0)

訪問者数

現在の閲覧者

最新記事

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
444位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
62位
アクセスランキングを見る>>

人気ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ